松本木材トップページ | 会社概要 | FAQ | お問い合わせ

ブログ

2006/9/
123456789101112131415161718192021222324252627282930
アーカイブ

blog.rdf

2006年9月14日
木視率と人について

完成しました物置工事と木造テラス。
外壁がもっと木調だったらより山小屋風だったかも???
土留めと基礎を融合したような1F外壁と木組み。
いろいろ勉強させていただきました。
やっぱり木が見えている部分が多いと落ち着きますね。

皆さん木視率と言う言葉のがあるのをご存知でしょうか?
人は木を眺めているとストレスが減少し、活気が生まれるそうです。
視覚による実験結果では
45%の部屋が最も好まれたそうです。
またそのほかの結果としては、
脈拍数は30%の部屋で低くなり、45%の部屋では増加しました。
これは30%の部屋では一番リラックスした状態になり、
40%の部屋ではワクワクした状態になっている
ということが報告されております。
このような結果から寝室には木視率30%、
リビングルームには45%がふさわしい
ということが考えられます。

勉強になりました?
皆さん家を建てるときの参考にしてみてください!
以上松本でした。

コメント

コメントを投稿

名前

メールアドレス(非公開)

URL

タイトル

コメント

投稿キー  

迷惑書き込み防止のために投稿キーを設定しています。
投稿キーはp2srです。上記の「投稿キー」にご記入下さい。

この記事のトラックバックURL

http://www.matsumotomokuzai.co.jp/blog.php/tb/418

※トラックバックは、管理者の確認後に公開させていただきます。